読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く女子の台所

仕事が忙しい働く女子のつくれぽ日記です。クックパッドのめちゃくちゃおいしいレシピを発掘しています。

ドイツ人の先生からプリュッツェルの作り方を習いました

f:id:chizucoco:20170122194435j:plain

プリュッツェルって日本で買うと高いんです。1個¥300くらいするものもあります。

ドイツで買うと、1個€1もしない店もあるんです。バカバカしいので自分で作れるようになりたいなーと思いまして。

f:id:chizucoco:20170122194921j:plain

こんな風にねじるのですが、ちょっとコツが要りますね。

この”ねじれ”なんですが、説が2つあります。

「むかーし、むかし、ドイツの王様がおいしくないパンを作った罰として、パン職人を牢屋へ入れましたが、牢屋から出る条件として、世界で一番おいしいパンで且つ太陽の光を3方から入るもの!と命じたそう。パン職人は失敗に失敗を重ね、偶然苛性ソーダを垂らしてしまいながらも、それを焼いたらおいしかった。王様から許しをもらえた」

「キリストの十字を切ったときの腕の形」

どちらを信じるかは自由ですが、ねじれていなかればプリュッツェルではないんですよねー。あと、最近、アメリカンプリュッツェルで甘い味のものも出ていますが、本場は塩味です。

うんちくはさておき、、

f:id:chizucoco:20170122195754j:plain

こんな風に人それぞれ個性が出るので、それが楽しいのです。

f:id:chizucoco:20170122200018j:plain

プリュッツェルのせいで夕飯要らない~~~!

f:id:chizucoco:20170122200217j:plain

↑これは南ドイツのポテトサラダです。日本みたいにマヨネーズとか入れず、酢とマスタードで味つけます。これも止まらないおいしさでした!

f:id:chizucoco:20170122200413j:plain

↑自家製マスタードの作り方も教えて頂きました。ソーセージはドイツ製ではありませんが、このマスタードは最高においしかったです。作り置きをしても、長持ちするし。

 

海外の人から料理を習うととても勉強になります。こんなものまで手作りするんだー!!って感動しますよ。

 

❖ドイツパンのお店の過去記事❖ 

weekendchef.hateblo.jp

 

❖パン教室の過去記事❖ 

weekendchef.hateblo.jp

 

 

 自己紹介はこちらです。

にほんブログ村 料理ブログ 常備菜へ
にほんブログ村


簡単料理 ブログランキングへ